復帰も楽に!傷跡が目立ち難い美容整形術や部位

衣服で隠れる脂肪吸引は傷跡も全く気にならず

痩身施術で最もポピュラーな手術となっている脂肪吸引。最近では技術の進歩により傷跡自体を小さくする事が可能となっている他に、そもそも大きなメリットがあります。それは適用部位がお腹や二の腕等衣服で完全に隠れる部位がメインであり、それらの傷跡も衣服で簡単に隠す事が出来るからです。これなら即仕事に復帰しても傷跡に気付かれる事は全く無く安心出来ますよね。ただ首筋や顎の部位に関しては比較的目立ち易く、少なくとも腫れや傷口が落ち着くまではマスク等でナチュラルに隠した方がベターでしょう。

デリケートゾーンの脱毛も即復帰OK

デリケートゾーン、つまり陰部の脱毛施術もまた外からは全くその状態が見えず、痛みさえ出なければ即復帰が可能となるでしょう。痛みが出るという事はまだ完全に該当部位が回復していないか、施術によって弱くなっている肌部分に下着等が擦れているケースが殆どですから、そんな時は無理をせずある程度時間を置いて回復させる必要があります。ただし保護パッドの着用等でリカバリーは十分可能。もちろんそれらは周囲からは分かりませんから安心ですね。ちなみに大抵の場合、痛みが殆ど後を引かない高度なレーザー脱毛ですので、酷く心配する必要はありません。

常に見られる部位でも傷の小さなヒアルロン酸ならOK

顔面の小じわ取りや法令線を軽くしたいというニーズにより数多く導入されているヒアルロン酸注入術。これらが大きな人気となっているのも、コストパフォーマンスに優れるという点の他に傷口が大変小さく回復も早い為、比較的早く復帰しても周囲からバレ難いという大きなメリットを持っているからです。直接他人の目に触れる部位という事もあり、念の為復帰までは時間を置いた方が良いケースもありますが、概ね数日も経てば全く気にならない程度にまで回復しているものです。

ビビーブはメスを使うことなく膣縮小が行えるので、出産などで広がって気になっている場合には受けてみると良いでしょう。